四十不惑(しじゅうふわく)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語
四十不惑(しじゅうふわく):四十歳頃になると、物事の道理がわかるようになり、人生に対して迷いがなくなること。

「四十不惑」という四字熟語は、年齢とともに人生の真理や本質が理解できるようになるという意味を持っています。

スポンサーリンク

四十不惑の由来と意味

この言葉は、人が40歳に達すると、さまざまな経験を通じて物事の本質を理解し、迷いがなくなるという考えを表しています。

「不惑」とは迷わないという意味で、年齢を重ねることで得られる知恵と洞察力を強調しています。

四十不惑の例文

「彼は四十不惑の年齢になり、人生の選択に自信を持つようになった」。

書き取り問題

「彼は四十(しじゅう)の年齢になり、人生の選択に自信を持つようになった」。

四字熟語クイズ

  • 四十歳頃になると物事の真理を理解し、人生の迷いがなくなるという意味の四字熟語は何でしょうか。

答え:四十不惑(しじゅうふわく)

まとめ

「四十不惑」は、年齢を重ねることで得られる人生の洞察力と、迷いのない決断を強調する言葉です。

この四字熟語は、経験に裏打ちされた確かな判断力の重要性を表しています。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました