窮鼠噛猫(きゅうそねこをかむ)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語
窮鼠噛猫(きゅうそねこをかむ):窮地に陥ると、弱いものもひらきなおって、強いものに挑もうとすること。

「窮鼠噛猫」という四字熟語は、追い詰められた弱い者が思い切って強い者に立ち向かう様を表します。

スポンサーリンク

窮鼠噛猫の由来と意味

この言葉は、窮地に立たされた鼠が逆に猫に噛みつくという意味から来ています。

絶望的な状況でも、弱い者が勇気を出して強い者に立ち向かうことの例えとして使われます。

窮鼠噛猫の例文

「彼は事業で困難に直面したが、窮鼠噛猫の精神で逆転の一手を打った」。

書き取り問題

「彼は事業で困難に直面したが、窮鼠(きゅうそ)の精神で逆転の一手を打った」。

四字熟語クイズ

  • 窮地に立たされた時、弱い者が強い者に立ち向かう様を表す四字熟語は何でしょうか。

答え:窮鼠噛猫(きゅうそねこをかむ)

まとめ

「窮鼠噛猫」は、逆境の中でも諦めずに戦う強い意志を持つことの大切さを教えてくれる言葉です。

この四字熟語は、どんな状況でも勇気を持って立ち向かう心の強さを象徴しています。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました