千慮一失(せんりょのいっしつ)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語

「千慮一失(せんりょのいっしつ)」とは、どんなに賢い人でも、多くの考えの中に一つくらいの失策があるという意味の四字熟語です。

この言葉は、人間の限界と謙虚さを示唆し、完璧を求めることの難しさを表現しています。

スポンサーリンク

四字熟語の由来と解説

「千慮一失」は、「千」つまり多くの慮り、つまり考慮や思慮と、「一失」すなわち一つの失敗や誤りを意味します。

この熟語は、どんなに思慮深い人間であっても、間違いを犯す可能性があるという人間の不完全さを示しています。

また、多くの判断や選択の中で、必ず失敗があることを認識し、それを受け入れる姿勢を促す言葉でもあります。

例文

彼は多くの成功を収めてきたが、最近のプロジェクトでの失敗は「千慮一失」の典型的な例だ。

書き取り問題

彼は多くの成功を収めてきたが、最近のプロジェクトでの失敗は「(    )」の典型的な例だ。

四字熟語クイズ

  • どんなに賢い人でも多くの考えの中には失策もあることを示す四字熟語は何でしょうか。

答え:千慮一失(せんりょのいっしつ)

まとめ

「千慮一失」は、人間の不完全性と謙虚さを受け入れることの重要性を教える四字熟語です。

この言葉は、完璧を目指す努力とともに、避けられない失敗を受け入れる智慧を示しています。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました