被害妄想(ひがいもうそう)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語
被害妄想(ひがいもうそう)
意味:他人から迫害を受けていると思い込んで、不安にさいなまれること。

この記事では、「被害妄想(ひがいもうそう)」という四字熟語について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

被害妄想の意味と由来

「被害妄想」とは、実際には迫害を受けていないにも関わらず、そう信じ込んでしまい、不安や恐怖を感じる精神状態を指します。

この言葉は、心理学の分野でよく用いられ、根拠のない迫害感や被害を受けているという誤った信念を表しています。

被害妄想は、不安障害やパラノイアなどの精神的な問題と関連があります。

被害妄想の使用例

例文:彼は周囲から悪意を向けられていると感じ、被害妄想に苦しんでいた。

書き取り問題

例文:彼は周囲から悪意を向けられていると感じ、(ひがいもうそう)に苦しんでいた。

被害妄想クイズ

問題:以下の四字熟語の中で、「他人から迫害を受けていると思い込んで、不安にさいなまれること」を意味するものはどれでしょうか。

  • A. 被害妄想
  • B. 一石二鳥
  • C. 竜頭蛇尾
  • D. 有名無実

答え:A. 被害妄想

まとめ

「被害妄想」という四字熟語は、迫害されているという誤った信念に基づく不安や恐怖を表します。

この言葉は、精神的な健康に関する深刻な問題に気付くきっかけとなることもあります。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました