問答無用(もんどうむよう)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語

問答無用(もんどうむよう)

この四字熟語は、「話し合いをしても無駄だ」という意味を持っています。

今回は、古くから日本の文化に根ざした四字熟語「問答無用」について詳しく掘り下げていきます。

スポンサーリンク

問答無用とは

「問答無用」は、議論や討論を行っても意味がない、またはその必要がない状況を表します。

この四字熟語は、もともと中国の歴史書に由来しており、古くから使われている表現です。

特に、強い権力を持つ者が自らの決定を押し通す際に用いられることが多いです。

例文

「社長の決断は問答無用で、従業員はただ従うしかなかった」

書き取り問題

「社長の決断は(もんどうむよう)で、従業員はただ従うしかなかった」

四字熟語クイズ

Q. 次の意味を持つ四字熟語は何でしょうか。

  • 話し合いをしても無駄であること
  • 特に権力者が自分の意見を押し通す際に使われる

A. 答えは「問答無用」です。

まとめ

「問答無用」は、議論や話し合いが不要、または無駄であることを意味する四字熟語です。

歴史的背景や使用されるシチュエーションを理解することで、より深くこの四字熟語の魅力を感じることができます。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました