先則制人(さきんずればすなわちひとをせいす)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語

先則制人(さきんずればすなわちひとをせいす)とは、先手を打てば、相手をおさえることができる、という意味です。

この四字熟語は、競争や対立の場面で優位に立つための戦略を示唆しています。

スポンサーリンク

先則制人の由来と詳細な解説

「先則制人」という四字熟語は、中国の古典に由来し、戦略や戦術に関する思想を表しています。

文字通り「先に動けば人を制することができる」という意味で、積極的かつ先見的な行動の重要性を強調しています。

ビジネスやスポーツ、政治など、さまざまな分野で応用される戦略的な思想です。

先則制人を使った例文

「マーケットでの競争に勝つためには、先則制人の原則に従い、新しい製品をいち早く市場に投入することが重要だ」。

書き取り問題

「マーケットでの競争に勝つためには、(さきんずればすなわちひとをせいす)の原則に従い、新しい製品をいち早く市場に投入することが重要だ」。

四字熟語クイズ

  • 先手を打てば相手を制することができるという意味の四字熟語は何でしょうか。

答え:先則制人(さきんずればすなわちひとをせいす)。

まとめ

「先則制人」は、先手を打つことの重要性を説く四字熟語です。

この言葉は、競争や対立の場面での戦略的な行動を示唆し、成功への道を指し示しています。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました