去者日疎(さるものはひびにうとし)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語
スポンサーリンク

四字熟語の解説

去者日疎(さるものはひびにうとし)とは、死んだ人や離れていった人が、日に日に忘れ去られていくことを意味します。

この言葉は、時間の経過とともに人々の記憶から遠のいていく過去の人々や出来事を表します。

去者日疎の由来と意味

「去者」とは去っていった人々や事物を、「日疎」とは日々遠ざかることを意味します。

この四字熟語は、人々の心から徐々に遠のいていく過去の存在や記憶を象徴しています。

人間の記憶が時間の経過により変化し、かつて親しい人や大切な事柄であっても忘れ去られる様子を表現します。

例文

彼が会社を去って数年が経ち、去者日疎の言葉どおりに彼の存在は徐々に忘れられていった。

書き取り問題

彼が会社を去って数年が経ち、(さるものはひびにうとし)の言葉どおりに彼の存在は徐々に忘れられていった。

四字熟語クイズ

  • 離れていった人や過去の出来事が日に日に忘れ去られていくことを表す四字熟語は何でしょうか。
  • この四字熟語の「去者」と「日疎」はそれぞれ何を意味していますか。

答え:1. 去者日疎 2. 「去者」は去っていった人々や事物、「日疎」は日々遠ざかることを意味します。

まとめ

去者日疎は、時間の経過と共に忘れ去られていく人々や出来事を表す四字熟語です。

この言葉は、人間の記憶の移り変わりや過去に対する感情の変化を示しています。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました