蟄居閉門(ちっきょへいもん)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語

「蟄居閉門(ちっきょへいもん)」は、罰として武士が家に閉じ込められることを表す四字熟語です。

この熟語は、歴史小説や時代劇でよく用いられ、武士の世界の厳格な掟や制裁を象徴する言葉として知られています。

スポンサーリンク

四字熟語の由来と解説

「蟄居閉門」はもともと、自然界で動物が冬に活動を休止する様子を指す言葉でしたが、時代が変わるにつれ、人間社会における隔離や謹慎の意味合いで使われるようになりました。

特に武士の間では、過ちや失態を犯した際、謹慎や隔離のために自宅に閉じ込められることがあり、その状況を「蟄居閉門」と称するようになりました。

この言葉は、社会的な立場や名誉を重んじる武士の文化において、罰としての自宅謹慎や隔離を表すのに適した表現となっています。

例文

戦での失敗により、彼は蟄居閉門の処分を受け、長い間、外界との接触を絶たれた。

書き取り問題

戦での失敗により、彼は(   )の処分を受け、長い間、外界との接触を絶たれた。

四字熟語クイズ

  • 罰として武士が自宅に閉じ込められることを表す四字熟語は何でしょうか。

答え:蟄居閉門(ちっきょへいもん)

まとめ

「蟄居閉門」は、もともと自然界の動物の冬眠から転じた言葉で、歴史的には武士の罰としての自宅謹慎を意味するようになりました。

この四字熟語は、武士道の厳格さや、名誉と責任の重さを象徴する表現として、歴史小説や時代劇で頻繁に用いられています。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました