過大評価(かだいひょうか)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語
過大評価(かだいひょうか)
意味:人物やものごとを、実際より高く見定めること。

この記事では、「過大評価(かだいひょうか)」という四字熟語について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

過大評価の意味と由来

「過大評価」とは、実際の価値や能力を超えて、人物や事柄を過剰に高く評価することを意味します。

この言葉は、特にビジネスや評価の文脈で使われることが多く、期待値が現実よりも大きくなった状態を指します。

過大評価は、時に過剰な期待や不合理な判断を招く可能性があるため、現実的な評価が重要とされます。

過大評価の使用例

例文:その新製品はメディアによって過大評価されているようだ。

書き取り問題

例文:その新製品はメディアによって(かだいひょうか)されているようだ。

過大評価クイズ

問題:以下の四字熟語の中で、「人物やものごとを、実際より高く見定めること」を意味するものはどれでしょうか。

  • A. 過大評価
  • B. 目糞鼻糞
  • C. 良薬口に苦し
  • D. 温故知新

答え:A. 過大評価

まとめ

「過大評価」という四字熟語は、実際の価値や能力を超えた評価を表す言葉です。

この言葉は、物事を正しく見極めることの重要性を教えてくれます。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました