苦節十年(くせつじゅうねん)/やり直し四字熟語とクイズ

やり直し四字熟語

 

苦節十年(くせつじゅうねん)
意味:十年にもおよぶ間、筋を曲げずに苦しくてもよく耐え抜いてきた、強固な意志を保っていること。

この記事では、「苦節十年(くせつじゅうねん)」という四字熟語について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

苦節十年の意味と由来

「苦節十年」とは、長い間苦労を重ね、困難に耐え続けた経験を表す言葉です。

この四字熟語は、10年という長期にわたり、挫折や困難に直面しながらも、自分の信念を曲げずに堅持し続ける強い意志を象徴しています。

しばしば、達成が困難な目標に向かって努力を続ける人々を称えるために使われます。

苦節十年の使用例

例文:彼女は苦節十年の末、ついに夢だったプロの舞台に立つことができた。

書き取り問題

例文:彼女は(くせつじゅうねん)の末、ついに夢だったプロの舞台に立つことができた。

苦節十年クイズ

問題:以下の四字熟語の中で、「十年にもおよぶ間、筋を曲げずに苦しくてもよく耐え抜いてきたこと」を意味するものはどれでしょうか。

  • A. 苦節十年
  • B. 千里之行
  • C. 森羅万象
  • D. 日進月歩

答え:A. 苦節十年

まとめ

「苦節十年」という四字熟語は、長期間にわたる努力と忍耐を象徴する言葉です。

この言葉は、目標達成のために地道な努力を続ける人々の強い意志と精神力を称えるものです。

やり直し四字熟語
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン 先生

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。

レモン 先生をフォローする
レモン 先生をフォローする
あくり出版

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました