あくり出版

電子出版のススメ

スポンサーリンク

電子出版のススメ表紙画像

『電子出版のススメ』
EPUBからキンドル KDPへ・「自分で本を出版する・電子出版編」
電子書籍の作成からマーケティング・電子書籍は自己ブランディング・ツール
あくり出版の体験的実践記録

この本は、あくり出版編集長の小園敏之がまとめたものです。個人出版支援活動10年以上の経験を公開したものです。個人レベルの出版活動論を展開して電子出版のあり方にひとつの方向性を見出そうとする試みです。

Epubをはじめ電子書籍のフォーマット解説からKindle ダイレクト パブリッシングまで無料のツールやテキストなど紹介。

『自分で本を出版する・DIY産直出版のススメ』の改訂電子出版編と位置づけています。電子書籍の作成販売方法からあくり出版の体験的実践記録です。

アマゾンkindle本ベストセラー総合1位

アマゾンkindle本のベストセラーで無料総合1位になりました。電子書籍や電子出版の普及に役に立てたかもしれません。

電子出版のススメがアマゾンkindle本総合1位獲得

 

●「はじめに」から抜粋

出版しませんか。自分の本を。自分の得意とする分野で出版をするのです。日ごろ問題意識をもっていることを、研究してまとまった文章にしてみるのです。問題意識をもって生きること、それを掘り下げながら生活すること。毎日の生活を漫然と生きるのではなく、知的文化的な刺激に満ちた生活を送りませんか。

日本人の生き方に関して、個人の能力や感性が重要な要素になってきました。自己実現しながら主体的に生きる。自己の生き方が社会貢献につながる。これが、21世紀的生き方の本流になると考えます。そんな生き方に研究的生活をくわえ、まとまった書籍の形で情報発信することを考えます。情報革命が進んでいる現代に本を出版するということを、もっと個人レベルな行為として定着させたいという願いを持っています。本書は、個人で本を出版するということを通して、その方法を考えていこうとするものです。

個人が能力と条件に応じた情報をまとめ上げ、書籍の形で発表する。その方法は、従来では考えられないくらいの手軽さと低予算で実行することができます。その秘訣は、低価格化したコンピュータとネットの徹底活用です。

本書の旧バージョンである紙書籍の作り方、ワードによる書籍DTPの方法などについては、次のところで無料公開をしています。以前、有料で販売していたものの抜粋です。書籍DTP部分になります。ワードをお持ちの方には参考になるかと思いますので、よろしかったらダウンロードして下さい。

無料レポート配布中【図解50ページ】
ワードを使った文章作成、編集術
レポート、小冊子、本格的な書籍まで編集執筆の方法。図解入りで解説。初級から中級へ!
http://www.a-cre.net/acrepub/report/formmail2/form1.html

『電子出版のススメ』では、あくり出版の試みや経験を通して培った方法論や考え方をお送りしたいと思います。これからの時代は日本人の生き方に関して、個人の能力や感性で主体的に生きることが求められてくると考えています。

「セルフ・パブリッシング」「インディーズ出版」「ダイレクト・パブリッシング」など呼び方はいろいろありますが、書籍を創り上げるということは、その過程で人間として成長することにつながります。

社会を構成している個人が尊重され能力が発揮できてこそ豊かな社会だと思います。出版活動を通して個人の能力が向上し社会参加が増えていくと考えます。そんな思いを込めて活動して参りました「あくり出版」での試みは、ある意味「非常識」な出版活動でしたが、時代はセルフ・パブリッシングの時代へと動いています。

自己実現をしながら主体的に生きる、それが社会貢献につながる方法として「自分の著書を持つ」ということ提案したいと思います。本書がそんな生き方のお役に立てればこの上ない幸せです。

著者・小園敏之

 

●『電子出版のススメ』<目次>

はじめに
第1章・電子出版のススメ・自分で本をつくるということ
セルフ・パブリッシングの提唱
個人が開化する時代の幕開け・二十一世紀の生き方
高度な文化は個人が尊重されてこそ本物・個人で出版の時代
コンピュータ・ネットワークの可能性
人生にとってのマイ・ブック、研究的生活は人生の充実度を高める

第2章・電子書籍の概況
アイパッド、アイフォンの普及・キンドルの日本上陸
電子書籍(イーブック)を読むまでの仕組み
電子書籍の流通

第3章・紙の本から電子書籍へ・本の基礎知識
書籍製作の基本知識
電子書籍と紙本の違い
本をつくる基本工程
企画・執筆・編集
編集DTP作業・校正
公開手続き

第4章・電子書籍の作り方
執筆作業の手順
ワープロによる書籍編集
アウトライン機能
電子書籍のデータ形式
PDF
EPUB
AZW
.BOOK
XMDF
アプリ形式(iOS・アンドロイド向けアプリ形式)
その他(HTML・TXT・DOC・ODT)
おさえておきたいデータ形式

第5章・電子書籍の販売公開システム
販売ルートのいろいろ
アマゾン・キンドル・ストア
パブー
電子書籍アプリで
独自サイトで販売
忍者サンドボックス
メルマ
ライブドア・ブログ

第6章・市場の大きな販売ルート「キンドル・ストア」
アマゾン・キンドル・ストアでの出版方法
アマゾンのキンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)とは
KDPでの出版手順概要
KDPアカウントの取得
出版の手続き
KDPセレクトの公開
書籍タイトルと内容説明
パブリックドメイン
本のアップロード
書籍データの作成
●ワードで作成したデータをEPUB変換サービスサイトで変換する
●EPUB変換サービスのあるブログで書き貯めてまとめる
●フリーソフトのSigilを使う(横書、縦書)
●EPUB作成専門の有料ソフト「FUSEe」を使う
●Calibreで変換する
●まとめ

第7章・私の出版奮戦記
インディーズ出版という言葉が登場して来ました
あくり出版の歩み
電子出版文化と販売戦略
私の体験的集客術
媒体サークルと言う考え方
自己ブランディング

 

■下記Amazon Kindleストアにて販売中です。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

電子書籍・電子出版

これからの読書のかたち

だれでも作家になれる電子出版です。

Return Top